リピート&リピート!

よーし、前回の続きを書きますよ!

渋峠ホテルを出発したぼくらは長野側に下ります。

ある程度まで下ったら山田牧場を目指してお昼を食べてさらに下ったところから

曲がって万座を目指しながら毛無峠経由で戻ってくる計画。

とりあえず気持ちよく下ったら




(´-`).。oO(若干前回のコーラさんとの渋峠リピートクライムを思い出す…

さて、先に進みましょう。

途中、ムム???って思う看板があったけどそのまま進みます。

とちょっと登ったところに…




なんてこったい/(^o^)\

こんな情報全くなかったぞw

ってか調べてもなかったけどw

まさかこんなことになるとは…

でも僕らは諦めない!

車両はダメってなってたけど、徒歩ならいけるかも。

100万が1の可能性にかけて管理してる会社に電話をしてみる!

しげさんが電話をしているのを見てる僕。

お、なんか感触よさそうだぞw

こりゃいけいけるのか?

電話終わった。

輪「どうでした?」

し「ダメでしたwむしろ何回も念をおされましたw」

輪「諦めましょうw」

ま、一応確認をしてみただけですw

代替え案

①さらに遠回りをして途中からルートに合流する→距離がめっちゃ伸びるので却下

②もうちょっと下ったところに山田牧場ちかくにでる別の林道があるっぽいからそこを使う
→ネットでの情報と標高がわかる地図を照らし合わせたところ危なそうなので却下

③リピートして万座まで戻ってそこから毛無峠を目指す→一番現実的

なので③を採用。

②もありかな〜と思ったのですが、リサーチ不足で林道が未知数すぎるのでやめときました。

たまにハチャメチャなイメージ持たれますが、意外と現実的なんですよ、僕らw

特に終わりの時間にはシビアなのでw時間的に無理が出そうなことはあまりしません。

そんなわけで下って来た道をまた登り返します。

2015の秋を思い出します。

まぁあの時より傷は浅いですがw

淡々と登り返して、横手のレストハウスでランチにすることに。



まぁ山の上ではこんなもんでしょう(^ω^)

食べ過ぎると後半やるきなくなるのでちょうどいいぐらいです。

外に出るとサポートカー付きでランをしてる人が。

その人が通り過ぎた後に僕らもスタートしたのですが…

全く追いつきませんw

むしろ離されてる/(^o^)\

一応12km/hぐらいでは走っていたのですが。

僕が知らないだけだと思いますが、こんな山で自分の脚で走ってあんな速く走れるもんなんだなと思いました。

そしてそのまま群馬にインして、万座から下って行きます。

と、思ったら途中から登り始めます…。

あれ?

毛無峠に入るまで下り続けるのかと思いきや登り始めましたよ。

どうなってるんだ。

DSC_0874-PANO.jpg

途中いい景色のところもあったのでなんとか許せましたが

地味にしんどい。

毛無峠はこっち、の看板をみるまでがなかなかの遠さ。

で、そこからも地味に下ったり登ったり。

謎な道でした。

DSC_0863.jpg

ここがみんなが来てた毛無峠か…




うん。

特に何もないな。

強いて言うなら風が強い。

山の景色は綺麗ですね(^ω^)

3F424DCA-9671-42C9-9D55-0B42080F4BBD.jpg

戻ってくるときはしばらく下って最後また登ります…。

レストハウスまで戻って来ればあとは下るだけ。

そう

下るだけ。

真っ白な世界の中を。

IMG_3961.jpg

午後は展望なさそうな予報でしたがまさかここまで見えなくなるとはw

数メートル先がほぼ見えませんでしたw

まぁ残りは安全に下るだけなのでゆっくり下ります。



お疲れ様でした〜。

あとは温泉入って帰宅。

温泉は男湯が外から丸見えな温泉でした。

覗きたい女性はここの温泉なら覗きたい放題です。

帰りの関越も特に渋滞もなくてよかったのですが

一般道におりてからは死ぬ思いでした。

都会の道路怖い。

しげさんをおろしてからの地元まで戻って来たときの安心感ったらなかったです。

今回のライドもイレギュラーなことが起きましたが

まぁ笑って終われたのでよかったです(^ω^)

さて、次は何を書こうかな。

おしまい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック