輪たろう的グループライド論?観?

と、いうほどのものではないけど

ボッチ歴約1年半

no ボッチ歴約1年半ぐらいな

ぼくのグループライドの考え方?

みたいなものを書いてみようかなと。

まとまるかわからないけどw


いや、書き始めててもう何を書きたいのかわならなくなってきてるんですけどね。


グループライドにも色々あると思うんですよ。

例えば

ルート(目的地)優先なのか

メンバー優先なのか

あとは両方な欲張りライドかw

ルート優先な場合は、それに合わせれそうなメンバーを集めます。

もしくはひとりで行きます。

ぼくの基準でいうと、ちょくちょく書いてるワードなんですが

『ちょっとしたトラブルがあっても笑ってくれる人』

まぁホントはダメなんですけどねw

要は自分も初めてのルートだったりして予想がつききらないとこもあるので、それに順応してくれる人です。

もちろん行く前には調べられるとこは調べますが。

最近でいうと下栗しらびそライドはそれですねw

下栗の里までもそこそこ登りましたが、

さらにしらびそ高原に行くためには15km登り続けなくてはならない。

距離と獲得標高から

「まぁヤビツ1.5ぐらいだね」

「だらだら登れば大丈夫w」

なんて言ってましたが

いきなり10%を全く切らない斜度が続きます。

むしろ13%前後…。

あれは辛かった…w

このときのメンバーはしげさんとコーラさん。

帰りの車では辛かったけど笑ってましたw


メンバー優先の場合は

どこを走りたいかより誰と走りたいか。

もちろんその中でより楽しいルートは考えますが。

これはあと参加人数にも左右されます。

動きやすいのは4~5人ぐらい?

8人ぐらいになると大通りはグループ分けるかなー。

マックス20人集まってくれたときもありました。

人数が増えていけばいくほど、楽しみ方も変わってくるし、逆にルートは制限されてくるかなーと。

休憩場所、ランチなどなど。

あとはタイムスケジュール的なことも…

ってここらへんになるとグループライド云々ってよりも

ルートのひき方になってきますねw


あとはたまにあるのが

「脚力差が…とか、貧脚なんで…」

気にしないでくださいw

登るのが遅い?

ゆっくり登ればいいんですよ。

下りが苦手?

安全第一です。

それによって待つ時間なんて大したもんではありません。

むしろ休憩させてやってるぐらいの気持ちでいればいいんです(^ω^)


疲れたら休んでください。

体調が悪くなってきたりしてしんどくなったら

すぐメンバーに言ってください。

(´-`).。oO(みんなに迷惑かかるから…

と無理はダメです。


段々とまとまらなくなってきましたねw

長くなってきたのでそろそろおしまい!

まぁなんにしても楽しく走るのが1番!

またそのうちなんか思い出したら書きたいと思います。


(´-`).。oO(需要ないとは思うけど
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title
先日Twitterの方で挨拶させて頂いたおみふれいかです!
こちらでははじめまして♪

私も『貧脚だし・・・』という友人達と走ることがありますが、全然気になりません。
脚力差なんて、笑って楽しめるライドの前では、何も関係ないと思います!
でも自分がしっかり走れる人達のグループに入るとなると、どうしても気おくれするのもまた事実・・・。
一歩勇気を出せば、楽しめる事がもっともっとあるんだろうな~ とも思います。

輪たろうさんのライドのお話を見てると、とても和気藹々としていて羨ましい限り!
タイミングが合えば今度是非ご一緒させてください♪
Re: No title
おみふれいかさん、こんばんは(^ω^)

返信遅くなってしまいすみませんm(_ _)m
グループライドは色々な楽しみ方がありますからね。
なので誘われた方は細かいことは気にせず、楽しんでもらえたらいいなと思います。
逆に主催する(誘った)方は楽しんでもらえるように色々考える必要がありますがw
ぼくも最初はぼっちだったけど、グループライドでボッチでは味わえない世界が広がりました。

ぼくのライドはいつも罵声が飛び交ってますけどねw
楽しそうに見えるようでしたら嬉しい限りです(^ω^)
今からだと来年になっちゃいそうですが、お休みあいそうなので、走りましょう!

管理者のみに表示

トラックバック