サイクリングの記事 (1/59)

今年ラストの瑞牆山〜八ヶ岳ライド!

489489541561564.png

48941861561.png

(*´ω`*)完璧中の完璧。



ベルト一本だと心もとないので二本体制に。

これで安心して走れるぞw(フラグ)

4時前に起床。

鼻水が止まらない。

まぁそんなことはよくあるので気にせず支度をする。(フラグ)

いつものところで集合して車に乗り込む。

yakisan.jpg「体調悪かったけどルルでなんとか治しました!」

s_f3QrGwzH_400x400.jpg「うつしたら絶許」

rintaro.jpg「もううつされたから鼻水とまらないしちょっと怠いです…」

yakisan.jpg「まだ会ったばっか!」

今回はステップワゴン。

3人なら間違いなくステップワゴンがいいですよ。

なんて言っても後ろの席にはトレー?みたいなのがあるし、

フロント外せばシートも下げれてめっちゃ楽(*´ω`*)

薬飲んだのでうとうとしてたら



到着!!

LRG_DSC04483.jpg

富士山もくっきりではないけど綺麗にでてます。

LRG_DSC04492.jpg

南アルプスはまだ冠雪してないけどくっきり。

LRG_DSC04491.jpg

LRG_DSC04498.jpg

前情報で上の方はピークすぎてるとのことですが、

町からちょっと離れたところぐらいならとてもきれい(^ω^)

そして序盤から遅れ出す僕…。

みずがき湖に着く頃には息も絶え絶えw

(´-`).。oO(今日大丈夫か

まぁゆっくり登ればなんとかなりそうなので先に進みます。

なんやかんやで温泉街を通過。

林道区間に入るといい感じの景色が

LRG_DSC04515.jpg

DSC06678.jpg

LRG_DSC04542.jpg

なかなか前に進みません。

中盤以降は美味しいところはなくなり

そこからふたりはビュビューンと行き上の写真を最後に

てっぺんまで追いつくことはありませんでしたw

一番しんどい瑞牆山クライムでしたw

ちょっとだけ休んだら瑞牆公園に行きまたまた撮影会

LRG_DSC04565.jpg

みんなそれぞれの時間を過ごしてました。

LRG_DSC04575.jpg

信州峠に入ったところのお気に入りの場所。

何回きてもいいところです。

LRG_DSC04579.jpg

信州峠自体はクソおぶクソなので灰色です。

DSC06742.jpg

LRG_DSC04603.jpg

LRG_DSC04614.jpg

超えてしまえば長野県。

やはりちょっと下ったぐらいのところの紅葉がいい感じ。

比較的下りメインなので助かりましたが野辺山に入るとじみ〜に登り基調。

もうHPは黄色になってます(*´ω`*)

s_f3QrGwzH_400x400.jpg「今回はちょっとルート変えて山梨の木というのを見にいきます」

yakisan.jpgrintaro.jpg「ほほぅ」

農道をひたすら走ります。

LRG_DSC04631.jpg

ここを曲がるともうすぐらしいです。

そして

到着。

LRG_DSC04634.jpg

rintaro.jpgyakisan.jpgs_f3QrGwzH_400x400.jpg「」

しげさん曰く、グーグルの写真で見るととても綺麗らしい。

ので

検索してみると、それはそれは素晴らしい写真がたくさん。

ぜひ検索してみてください(^ω^)

まぁ風景写真は根気が必要というか。

バーっと行ってパシャパシャ撮っていいもの撮れたら苦労しないですよね。

たまにTLに綺麗な風景の写真上がってくるのですごいなぁって思うけど、

それを撮るためにすごい苦労したりするんだろうなって思います。

雲海が出るのも条件があるだろうし。

ま、そんな感じでかるーく写真を撮って出発です(^ω^)

DSC06769.jpg

野辺山セブンにて

s_f3QrGwzH_400x400.jpg「調子どうですか?」

rintaro.jpg「なんとも…。よくはないですね。とりあえず平沢峠から清里行ってご飯食べながら決める感じでいいですか?」

s_f3QrGwzH_400x400.jpg「了解です」

yakisan.jpg(´-`).。oO(とりあえずルートがまったくわからねぇ

なんとか平沢峠に到着するとぐったりだw

DSC06774.jpg

LRG_DSC04644.jpg

ランチはキープファーム!

yakiさんが牛乳7杯飲む!

って言ってたのに2杯で断念してました…。

ホットも美味しかったです(^ω^)

本当はこのあともうひと登りする予定だったのですが、

ふたりが心配してくれてこのまま帰ることに。

すみませんm(_ _)m

そうなるとあとは9割は下り。

なので気が楽です。

最初はやっぱ寒かったけど

標高1000も切ればそこそこ。

ガンガン下っていたのですが

途中何かが足に当たった感触が

なんだ?

って後ろ見たらスペアタイヤが落ちてるじゃないかwww

しかもここそこそこ交通量あるのにw

チャリを端っこに止めて走って取りに行きます。

一番後ろにいたので前のふたりに声をかけるタイミングを失ったので

またつけてると時間がかかると思い

お腹に入れることにw

そしたら今度はリアが変速しないwww

もーなんやねんwww

よくわからないけど、一番重いのじゃないしフロントは変わるのが救い。

ちょっと行ったら二人がいないことに気づいてくれたらしく止まっててくれた。

最後の方以外はほとんど漕がなくても大丈夫だったので助かった〜。

なんとかかんとか無事()駐車場まで戻ってこれました。




車で薬飲んで出発して高速乗ったと思ったら気づいたら相模原に着いてました。




ふたりには迷惑かけっぱなしで申し訳なかったですm(_ _)m




そして次の日TLを見るとなにやらなんとやらとのことだったので




上げてしばらくしたら




アンサーリプが返ってきましたw

こんな感じで美食倶輪部は楽しんでます(*´ω`*)

もう高い山は雪が降ってくるので遠征は少なく

真冬になれば東伊…

考えるのはやめておこう。

そして、次の日

s_f3QrGwzH_400x400.jpg「なんか喉が痛いっす…」

おしまい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

日光の紅葉を見に行こう!

午前2時起床。

ねむ。

2時45分ごろ出発。

1時間後momさん宅に到着。

チャリを載せ替えて出発。

またまた約1時間後埼玉でのもトルさんと合流。

寒くて眠い。

ここでのもトルさんと運転交代。

そして睡眠。



日光に到着。

気温7℃…。

真冬やん。

色々なパターンを想定してウエアを持ってきたけど、完全冬で出発。

LRG_DSC04378.jpg

とりあえずいろは坂を目指すようですが、入口までも意外と登り。

LRG_DSC04388.jpg

うん!これは完全勝利だ!

LRG_DSC04389.jpg

予想外だったのは車の多さ。

まぁシーズンだから仕方ないといえば仕方ない。

でも、平日で多いなって思うぐらいだから土日なら渋滞レベルなんだろうな。



上の方にある展望台てきなところ。

LRG_DSC04391.jpg

いい景色ですね〜。

ここからもう少しで明智平なのですが

あの

弱ペダの

手嶋先輩の名シーンをmomさんを使ってやろうかなって思ったのですが

車が多すぎて邪魔になってしまうので断念_| ̄|○

明智平も人で溢れてます。

LRG_DSC04406.jpg

ぎゅうぎゅう詰めです。

高所恐怖症までいくかわからないけど

高いところが苦手な僕としてはあんなの乗るのは拷問ですね。

休憩もそこそこに中禅寺湖を通って戦場ヶ原を目指します。

LRG_DSC04416.jpg

LRG_DSC04422.jpg

いや〜いい景色…ん?

奥の方が怪しいな…。

あれ?

向かいから車の上に乗ってるのは…雪ですかね?

電光掲示板には【冬タイヤ必須】とか書いてあるし。

とりあえずお腹も空いたので茶屋で休憩。



においもみんなで食べれば怖くないw

ここでの作戦会議の結果…

引き返すことになりました(*´ω`*)

本当はもうちょっと先を曲がってぐるーーーっと回って

駐車場の方に帰ってくる予定でしたが

1400m地点で少し路面に雪があって



向こうはこんな感じ。

向かいからくる車の上には雪。

すでにかなり寒い。

引き返すには十分すぎます。

で、僕の提案で中禅寺湖スカイラインに行くことに。

下りは寒いのでみんな大好きウルトラライトダウンを着ることに。

それでも寒いけどね(*´ω`*)

LRG_DSC04440.jpg

こんなに天気いいのにな。

ま、こんなこともあります。

中禅寺湖まで戻ってきて、スカイライン方面に走ってると

途中で「ストップ〜」と。

何かと思ったら

先に中禅寺湖スカイラインに向かったローディーさんが「

行けないよ」と教えてくれたらしいです。



まぁこんなこともありますねw

あるのか?!

仕方ないのでしばし撮影会をしていろは坂を下ります。

LRG_DSC04454.jpg

LRG_DSC04471.jpg

LRG_DSC04474.jpg

下り側もいい景色がたくさんありました(*´ω`*)

あとは駐車場まで戻っておしまい!

単純にピストンライドになっちゃいましたが

景色をゆっくり見る時間ができたのでこれはこれでよかったかなと思います(*´ω`*)

この後は車で移動してお蕎麦を食べに行くことに。



お店の名前は忘れちゃいましたがw

美味しかったです。

のもトルさん、momさんありがとうございました!

終わり方が若干雑なのは眠いからですzzz

では!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

一年越しの御嶽山クライム!!!

2時前に起床。

今日はいつもよりさらに早い。

とは言っても、ついったー仲間のスーパー自走マンたちの朝はもっと早かったりするがw

スーパートランポマンなぼくらがこれだけ早いのだからそれだけ遠いということ。

3時にコーラさん家に集合。

チャリと荷物を積んで出発。

天候は1日晴れ。

てんきとくらすもオールA。

間違いがあるわけがない。

高速を降りるとすぐ目についた看板に

「ローメン」の文字が。

ここ伊那市で推しているものらしい。

検索すると面白そうなので帰りのグルメの候補に。

駐車場まで下道を走ります。

丘を超え、トンネルを抜けると

「真っ白や…」

そして霧雨らしきものが。

s_f3QrGwzH_400x400.jpgcorasan.jpgrintaro.jpg「yakiさ〜ん」

yakisan.jpg「これは何かの間違い!!!」

IMG_4387.png

心配になったので天気予報を見たら全部晴れ。

ホッとしたのですが、湿度を見ると朝だけ100%

『100%』

晴れなのに湿度100%なんてことが存在するとは…。




やっとのこさ走り出しますよw

IMG_4390.jpg

いきなり登りが始まるのは美食ライドのお約束ですが、コーナーを曲がると




そう、今回の目的地は御嶽山です。

本当は去年行く予定だったのですが諸事情により中止にしたので

一年越しのライドです。

IMG_4401.jpg

みんなビビって冬装備ですが、とりあえず暑いwww

ビビりすぎました。

LRG_DSC04214.jpg

湖は無風すぎて綺麗に反射してました。

IMG_4406.jpg

LRG_DSC04218.jpg

奥に見えるのが御嶽山。

IMG_4421.jpg

麓の大滝村を抜けるとクライムスタートです。

IMG_4423.jpg

DSC_0706.jpg

まぁ僕の登板力は下級戦士なのですぐひとり旅になりますw

たまに待っててくれるので追いつくのですがまたすぐ千切れます。

半分ぐらいのところかな?

あまりにも喉が乾いたので自販機を探しながら走っていたら

リフトの近くにあるではないか。

rintaro.jpg「あ、コーラ買っていいですか〜」

s_f3QrGwzH_400x400.jpgcorasan.jpgyakisan.jpg「どうぞ〜」

自販機へ向かう僕。

チャリを降りて振り返ると誰も来てない。

しげさんとコーラさんは止まることなく進む。

yakiさん、一度はこちらにちょっとくるも前の動きにつられ僕を見捨てる。

まぁここで追いかけても仕方ないのでコーラ飲んでからゆっくり行こう。

さてさて。

お金を入れよっと。

チャリーン。

あれ?

もう一回。

チャリーン…。

「」

IMG_4433.jpg

電源が入ってない。

ナメくさりやがってwww

ただの無駄な時間を過ごしました。

補給食もなく、ただただ登り続ける。

IMG_4438.jpg

綺麗だな。

IMG_4440.jpg

うん。

足つった。

上に行くまでに少なくとも5回以上は。

なぜかわからないけど、全然登れなかった。

久々に途中でやめたくなるぐらいだめだった。




みんなをだいぶお待たせしてしまった。

DSC_0731.jpg

LRG_DSC04223.jpg

近くで見てもすごい山だ。

しかし、あれだ。

2200mオーバーなので寒い。

写真撮ったら下りましょう。

みんな自由人なので下る速度もそれぞれ。

ぐわーっと下ったり、途中で止まって写真撮ったり。

僕はみんなを待ってたら暇だったので途中のいいコーナーで待ち構えて




写真撮ってました。

みんななかなか来ないから待ちくたびれたけどw

ある程度下まで来るといくつか神社が。

yakiさんが登るときから神社を撮りたがっていたので休憩がてら撮影タイム。

LRG_DSC04288.jpg

yakiさんが。

ちょうど近くにお蕎麦屋さんがあってなかなか賑わっていました。

しかしぼくらは大滝村の中にある大滝食堂を目当てにしてるのでスルー。

そして到着

IMG_4442.jpg

ん?

DSC06530.jpg

んんんんんんんんんんんんんんん??????

DSC06529.jpg

遠征先のランチでのおやすみ率の高さw

ちょうど近くに観光案内があったので近くに食べれるところがあるか聞いてみることに。

DSC06533.jpg

rintaro.jpg「近くになにかありますか?」

職員さん「ないですねwお兄さんたち上から下って来ました?」

rintaro.jpg「はい」

職員さん「そしたら途中にお蕎麦屋さんがあったと思うんだけど、そこが盛りもよくて美味しいですよ」

そしてみんなの元へ

rintaro.jpg「…だそうです」

s_f3QrGwzH_400x400.jpgcorasan.jpgyakisan.jpg「」

rintaro.jpg「ちなみに、ぼくらが来た途中にも蕎麦屋があるみたいです、途中休憩したところ」

s_f3QrGwzH_400x400.jpgcorasan.jpgyakisan.jpg「そこにしましょう!」

上にあった蕎麦屋さんはまただいぶ登り返さないとないので帰りに途中にあるだろう蕎麦屋さんにすることに。

腹が減りながら20分ほど走ると朝休憩したところが見えてきました。

あそこだ。

やっとご飯が食べれる。

食べれる…

食べ…

…。

IMG_4444.jpg

美食倶輪部無事死亡。

s_f3QrGwzH_400x400.jpg「もうだめだ…」

rintaro.jpg「もう向かいのお家にお願いして焼きそばでもなんでもいいから作ってもらいたい」

corasan.jpg「1000円出してでも作ってもらいたい」

yakisan.jpg「カップ麺でもいいです」

そんなお願いができるわけもないのでもう車に戻るしかありません。

補給は結局ジュース飲み。

LRG_DSC04304.jpg

腹減りとは裏腹にいい天気といい景色。

もちろんまた足はつりました(*´ω`*)

そしてもちろん置いて行かれますw

一本道だから問題なしですが。

そして命からがら…




まずはお風呂に入ってさっぱり!

からの




これがまたうまい!

yakiさんはなぜか血迷って飲むヨーグルト(大)を飲んでましたがw

そして協議の結果

インター近くのローメン屋さんで食べることに。

本当はその前に美味しそうなケーキ屋さんに目をつけていたのですが

検索したら定休日…。

仕方ないのでケーキ屋さんはスルーしてローメンへ。




corasan.jpgrintaro.jpgyakisan.jpg「大盛りで」

s_f3QrGwzH_400x400.jpg「中盛りで」

rintaro.jpg「珍しいですねw」

s_f3QrGwzH_400x400.jpg「あんまり食べると眠くなっちゃうんでw」

はい、大盛り。

LRG_DSC04309.jpg

う〜ん。

そもそも自分で味を変えながら食べるものらしく

テーブルには醤油やソース、ごま油、酢、唐辛子、にんにくなどがあります。

食べ終わる頃にはスープの色が全く違うものになってましたw

rintaro.jpg「さて、じゃ次はソースカツ丼いきますか!」

yakisan.jpg「え?」

corasan.jpg「余裕ですねw」

残念ながらソースカツ丼は食べずに帰宅しました。

南信州はかなり遠いですが、車と早起きがあればなんとか日帰りはできます。

全くおすすめはしませんがw

あと、南信州ではソースカツ丼と鹿肉食べてれば問題ありません。

相変わらず楽しい美食ライドでした(*´ω`*)

さて、次はどこにいくのかな。

おしまい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ぼくのよりyakiさんの方がしっかり書いてるのでクッソ暇な方はyakiさんのも合わせてどうぞ。

【スーパーエリートyakiさんの御嶽ライドブログはこちらから】


完全勝利の乗鞍クライム!

9月19日

恒例行事とも言っていい乗鞍クライム。

今回は夏休みを使っていくことに。

遠すぎて日帰りはしんどいから。

下の駐車場からだとしんどいのでゲートの駐車場までいくことに。

そして…




完全勝利が待っておりました(*´ω`*)

普段の行いかな?

もう文章で書くのもあれなので写真を貼りまくりたいと思いますw



もう間違いはないですね。

4115F314-CABE-4BE6-BBA4-7737C912736D.jpg

うひひw

CD29100A-538F-4791-AABF-0F350D6F5A93.jpg

FF9B6C93-8F48-4046-B325-0ABD7C97457D.jpg

IMG_4206.jpg

素晴らしいですね(*´ω`*)

紅葉も始まりかけって感じですね。

実際一週間後に行った方の写真見たら違う景色でした。

EB8531ED-B30C-4CF4-AC0C-CA98E717B6BE.jpg

A933787A-096D-4CEE-907E-7B9B02B43B1E.jpg

334F974C-DA55-44BB-80E6-41DB4D35D35E.jpg

何回来てもいいところですね。

そして毎回終わりが近くのが名残惜しいというかなんというか。

ゆっくり景色を見ながら登っても終わってみればあっという間。




まだだ!まだ終わらせはせんぞーーーー!!!!

そんなわけでスカイラインへゴー!!!

こっちは初っ端の下りが最高に気持ちがいい!

アイキャンフライwww

ってなれます。

76283A30-44BE-4277-ABA8-94DDE926CAC9.jpg

最高でしょ?

8E4FE52F-35CC-4342-BF37-8AC70DD3BDD5.jpg

北アルプスもバッチリ(*´ω`*)

IMG_4375.jpg

ツイッターでもあげたけど、ここは最高にいいところ。

あまり下りすぎるとリピートクライムになってしまうのでほどほどで戻ります。

D9FE4C9F-B6FA-45F5-9C99-41E54091F2EF.jpg

バスがミニチュアっぽく見えます。

IMG_4333.jpg

お約束の魔王岳からのスカイライン。



乗鞍(普通の)ラーメン。

あったまればよし。

あとは下っておしまい。




って載せてみたはいいけど、記事書くの遅すぎて役に立たない情報となりました。

来年の九月中旬に行く方は参考にしてみてくださいw

渋峠もいいけど、広大さというかなんというか

マイカー規制も入ってて気分も楽だからけっこーぼくは乗鞍好きです。

マイナスポイントを言うならば

ただただ…

遠い。

以上。

でもやっぱ年に一回は登れてよかったです(^ω^)

では、また気が向いたら書きます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

リピート&リピート!

よーし、前回の続きを書きますよ!

渋峠ホテルを出発したぼくらは長野側に下ります。

ある程度まで下ったら山田牧場を目指してお昼を食べてさらに下ったところから

曲がって万座を目指しながら毛無峠経由で戻ってくる計画。

とりあえず気持ちよく下ったら




(´-`).。oO(若干前回のコーラさんとの渋峠リピートクライムを思い出す…

さて、先に進みましょう。

途中、ムム???って思う看板があったけどそのまま進みます。

とちょっと登ったところに…




なんてこったい/(^o^)\

こんな情報全くなかったぞw

ってか調べてもなかったけどw

まさかこんなことになるとは…

でも僕らは諦めない!

車両はダメってなってたけど、徒歩ならいけるかも。

100万が1の可能性にかけて管理してる会社に電話をしてみる!

しげさんが電話をしているのを見てる僕。

お、なんか感触よさそうだぞw

こりゃいけいけるのか?

電話終わった。

輪「どうでした?」

し「ダメでしたwむしろ何回も念をおされましたw」

輪「諦めましょうw」

ま、一応確認をしてみただけですw

代替え案

①さらに遠回りをして途中からルートに合流する→距離がめっちゃ伸びるので却下

②もうちょっと下ったところに山田牧場ちかくにでる別の林道があるっぽいからそこを使う
→ネットでの情報と標高がわかる地図を照らし合わせたところ危なそうなので却下

③リピートして万座まで戻ってそこから毛無峠を目指す→一番現実的

なので③を採用。

②もありかな〜と思ったのですが、リサーチ不足で林道が未知数すぎるのでやめときました。

たまにハチャメチャなイメージ持たれますが、意外と現実的なんですよ、僕らw

特に終わりの時間にはシビアなのでw時間的に無理が出そうなことはあまりしません。

そんなわけで下って来た道をまた登り返します。

2015の秋を思い出します。

まぁあの時より傷は浅いですがw

淡々と登り返して、横手のレストハウスでランチにすることに。



まぁ山の上ではこんなもんでしょう(^ω^)

食べ過ぎると後半やるきなくなるのでちょうどいいぐらいです。

外に出るとサポートカー付きでランをしてる人が。

その人が通り過ぎた後に僕らもスタートしたのですが…

全く追いつきませんw

むしろ離されてる/(^o^)\

一応12km/hぐらいでは走っていたのですが。

僕が知らないだけだと思いますが、こんな山で自分の脚で走ってあんな速く走れるもんなんだなと思いました。

そしてそのまま群馬にインして、万座から下って行きます。

と、思ったら途中から登り始めます…。

あれ?

毛無峠に入るまで下り続けるのかと思いきや登り始めましたよ。

どうなってるんだ。

DSC_0874-PANO.jpg

途中いい景色のところもあったのでなんとか許せましたが

地味にしんどい。

毛無峠はこっち、の看板をみるまでがなかなかの遠さ。

で、そこからも地味に下ったり登ったり。

謎な道でした。

DSC_0863.jpg

ここがみんなが来てた毛無峠か…




うん。

特に何もないな。

強いて言うなら風が強い。

山の景色は綺麗ですね(^ω^)

3F424DCA-9671-42C9-9D55-0B42080F4BBD.jpg

戻ってくるときはしばらく下って最後また登ります…。

レストハウスまで戻って来ればあとは下るだけ。

そう

下るだけ。

真っ白な世界の中を。

IMG_3961.jpg

午後は展望なさそうな予報でしたがまさかここまで見えなくなるとはw

数メートル先がほぼ見えませんでしたw

まぁ残りは安全に下るだけなのでゆっくり下ります。



お疲れ様でした〜。

あとは温泉入って帰宅。

温泉は男湯が外から丸見えな温泉でした。

覗きたい女性はここの温泉なら覗きたい放題です。

帰りの関越も特に渋滞もなくてよかったのですが

一般道におりてからは死ぬ思いでした。

都会の道路怖い。

しげさんをおろしてからの地元まで戻って来たときの安心感ったらなかったです。

今回のライドもイレギュラーなことが起きましたが

まぁ笑って終われたのでよかったです(^ω^)

さて、次は何を書こうかな。

おしまい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村